国内消費者向けの企業は今後は「消費意欲を掻き立てるのではなく節制意欲を掻き立てる商品・サービス」を作り出した方がいい

スポンサーリンク

Sponsored Link




あらゆるものを消費へ掻き立てる時代が終わって、 世界のトップに立てるくらいの節制が国民に浸透されて、国民全員が生産性のある国民になれるようにすればいい。 抜け出る穴を減らして、入るモノをみんなができること。 サラリーマンとしてではなく、国民のすべての個人が生産性を確立できる生活を送れるようにすること。 そのために、現在非就労者でも、病人でも
美味しくいただけるもの
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
内面をさらしたくないDaizen大全ブログ

タイトルとURLをコピーしました