「幸福」は義務である

スポンサーリンク

Sponsored Link




「幸福になることは他人に対しても義務であることは、十分に語られていない。男も女もみな、絶えずこう考えるべきであろう。つまり、幸福というものは、と言っても自分のために獲得する幸福のことだが、もっとも美しくもっとも寛大な捧げものである。と」

不機嫌という情念が伝染していくこともあるが、幸福も伝染するものとなる。
よって、意思を持つことができる人間一人ひとりは「幸福」でなければならない。
というのが、アランの考え方となっています。

スポンサーリンク

「幸福」の状態を義務とする

アランの「幸福論」は実践的に普段の日常からできる「幸福」の実践を徹底的に追及した内容となっています。

※アランの「徹底的に」というのは、このアランは実際に「生と死」の場である、第一次世界大戦の激戦区で参加して、その場から得られる体験を追求した、というほどです。

そのような徹底ぶりのアランが世の中の「不機嫌」な人を見て観察し、書き上げた「幸福論」はとても参考になります。

僕自身も鬱になってしまったのは、このような意思による「幸福」を持つことができなかったときのことです。

「悲観主義は感情で、楽観主義は意志の力による。」

たしかに、悲観するときの感情はすさまじくしつこく、まとわりついてきます。

ただ、悲観に定住することを拒否して、楽観主義を誓うことで少しづつでしたが、悲観の沼から抜け出していくことができました。(徐々にとありますが、数年の道のりがあり、妻の支えがありました)

感情に振り回されないためには「意思による楽観」を大切にして、自分の義務としてそれを行うことを誓ったのです。

アイデアメンタル養生
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
内面をさらしたくないDaizen大全ブログ

  1. Hello, of course this piece of writing is truly good and I have learned lot of things
    from it regarding blogging. thanks.

    P.S. If you have a minute, would love your feedback on my new website
    re-design. You can find it by searching for «royal cbd» — no sweat if you can’t.

    Keep up the good work!

タイトルとURLをコピーしました