妻も満足したDIYクローゼット棚

スポンサーリンク

Sponsored Link




クローゼットの中が「とりあえずの倉庫」となっていたので、整理整頓ができる。ウォークインクローゼットにDIYすることにしました。

しかもニトリのハンガーラックがぽしゃってるのでこちらも解体・撤去しました。

出来栄えはかなり満足のいく結果になりました。

スポンサーリンク

・DIYビフォアフター

before
ひどいありさまですねぇ。
とりあえずの積み重ねってエグイです。

クローゼットとか言い方をかっこつけてもハッタリ過ぎて恥ずかしい状態です。(^_^;)

ヤバいっしょ。崩壊寸前( ´∀` )www

✨after✨


満足の結果。
自分の器用さにもすごく満足している。
できるだけカンタンに作りたかったし、工具等も最小限に抑えられたと感じる。

・妻と僕の希望も合格点の内容でした。

妻からのお願い
・家族4人分の衣類がかけれるハンガーラックにしてほしい。
・見ててダサいのは嫌だ。必要最小限と言えども、倉庫と言えども最低限以上のオシャレ観は出してほしい。(ワガママかよ!)

僕の希望
・今までより収納面積が増えること
・頑丈な棚にしたい。
・ホームセンターの既製品では当スペースを十分に活かせる棚がないので、DIYにこだわりたかった。
・細かい物を収納できる引き出しも置きたかった。
楽しめるDIYとなること。(大事です)

天井ギリギリまで物が置けています。

もちろん、床もびっしりです。整頓の配置はキホンの軽いものは上、重いものは下です。

・クローゼットDIYに使った材料たちです。

材料
・鉄製のL型アングル(カット無料)
・アングル固定の角プレートとボルトナット
・ベニヤ板(ホームセンターでカット、有料)
・結束バンド

工具等
・電気丸ノコ
・インパクトドライバー
・アングルカッター(金物屋さんで無料で借りました♪自分で採寸・カット)
・ボルトを締めるレンチ等
・軍手

材料を買う前に棚のカンタン寸法をノートしました。

寸法で一番にアタマ使ったのはL型アングルの採寸でした。 
→ L型アングルの規定長さが3mだったので、余る部分を最小限にするため材料の長さを決めておく必要がありました。

寸法出しに1時間くらいかけましたが、じっくりやってよかったです。

・▽以下は作業中の流れです。

まずは倉庫の中を空っぽにして掃除がしたいです。

ひでぇなぁ(^_^;)

1つしかない出入口です。

廃墟の手前ですな( ´∀` )(笑)

さて、あまり深く考えずに、片付けマシーンとなります。

えっさ、ほいさ!

ゴミ袋もそばに置くといらないモノを捨てながらできます。

掃除機もないと埃だらけになりますね。

部屋の片付けに妻と一緒に2時間ほどかかりました。

倉庫が片付いたので材料を運び入れて組み立てを始めます。

ボルトナットは組み立てが終わるまでは仮止めで止めます。
はじめに固くするとあとで微調整のときに開けなおすことになり二度手間が起きるからです。

:まずは柱と側面側から

2:両側の側面ができたら横側をつなげていきます。

2人でやるとやりやすいですね。

3:全体の組み立てが終わったら本締めを始めます。

角用のプレートをここから組み込んでいきます。ボルトナットだけでは揺れたときにズレることがあるので角のプレートは補強としてつけた方が安全です。

これで骨組みの本締め・固定を終わりです。

4:棚になる板を乗せていきます。(これも仮です)

板の重なった部分を切るために仮置きしてカットする位置を線引きします。

そして、板とアングルを結束バンドで固定するため穴を開ける位置もマーカーします。

結束バンドを通す穴を開けます。

インパクトドライバーで開けると楽です。裏側に板を当てていると、キリが貫いたときにささくれが突き出すのを防げます。

5:板を結束バンドで固定していきます。

少々の隙間は問題ありません。愛嬌です。

板の向きはこのようになるようにしました。向きが悪いと軽いものでも割れてしまうからです。

6:足が床を傷つけないように靴下(お古)を履かせました。

これも結束バンドで固定です。

7:ハンガーをつるすためのパイプを中段に付けました。

これでクローゼット棚の完成です。

2日目の夜に出来上がりました。

身体の疲れはありますが、楽しく作れた満足感で充実しています。

そして、外に放り出した荷物を次の日に片付けして終了出来ました。

我ながら感心できる作業でした。スッキリ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!

(^▽^)オウ、v( ̄Д ̄)v イエイ

ご拝見いただきありがとうございます。

DIY DIY ♪アイデア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
内面をさらしたくないDaizen大全ブログ

タイトルとURLをコピーしました