レッツDIY!なければ作ろう!

スポンサーリンク

Sponsored Link




家具や雑貨等のショップが今ほど賑わっていることはこれまでになかったと思います。

オシャレで安価な雑貨や、オシャレな家具もどこに売っているかもインターネットで探せばたいていすぐに見つかります。

そんななか、ショップで売られている商品では自分たちの家屋に配置がうまくハマらないとか、もうちょっとこの辺の高さがあったらいいのにとか、もう少し強度を高めたいだけなんだけど・・・、

など家具、雑貨たちのハマり加減、(ハマり度)を自分たちのこだわり(好み)に合わせたい時ってありませんか?

ショップで売られているモノより、さらに自分たちの理想へ近づいたモノを生み出せる楽しみがDIYの魅力だと思います。

ということで、DIYしていきます。
(今の雑貨などに特に不満はありませんが、やりたがりの性格がDIYを助長させています。)

Wi-Fiルーターオシャレ隠し

僕の新規の民泊物件がオープンしたときのWi-FiルーターDIYです。

オシャレな家具にあまり似合わないことが多い今どきのWi-Fiルーターですが、ただ隠すのではなく、少しオシャレ感を出した隠し方をしてみました。

ガッツリオシャレではなく、▽あまり主張のないほうです。

Wi-Fiルーターって使用中は若干熱を発するのでこのように熱がこもりにくい網状の箱を使いました。

ニトリで1000円くらいで売ってました。

箱をパカっとひっくり返すとこんな感じです。
無骨な輩がいっぱい収容されてました。(ごつごつ)

最近ではシャレオツなWi-Fiルーターも売り出されていますが少々お高めです。 △は参考として( ;∀;)高…。
僕はオシャレ観も少しだけ気にしますが、価格はそれよりも重要視しています。

価格(倹約する) > オシャレ(身だしなみ)

→これを両方兼ねる(だいたい8:2)アイディアが僕の目指したいDIYです。

スポンサーリンク

ルーターボックスDIY

■材料

・結束バンド(長め) 百均ショップ

・網状のボックス   ニトリ雑貨

・ルーター類     docomo光のレンタル

以上です。

■組み立て

ボックスに組み立てて固定する前にルーターの位置取りを決めておきましょう。

△壁側になる面に寄せて組み立てていこうと思います。
そうすると、外に見える結束バンドを壁側に隠すことができます。

△こちらが壁側です。結束バンドが見えるので隠します。

ボックスの底のほうにLANケーブルの接続がいかないようにしました。

△あとはACアダプターとLANケーブルを付けていきます。

電源ケーブルはコンセントまでの長さを調整しながら、まとめれば終わりです。

納まり感が気持ちいいDIYができました。

今回のルーターはNEC atermでしたが、初期設定のSSIDや、パスワードの設定の管理画面もすごくやりやすかったです。(以前のbuffaloは設定画面がややムズでした。)

 SSIDとは、Wi-Fiルーターから発する2.4GHzと5GHzの周波数の帯の名前のことです。設定から変更することができます。

今後もルーターはNECにしようと思います。

NEC製のWi-Fiルーターは製品名がAtermという名前ですが、これを最近までアタームって呼ぶと思っていました。
これはエータームって呼ぶらしいですね。(^_^;)ちょっとはずいです。

今後も僕の物件でのいろんなDIYや、アイディアをこのブログに載せていきたいと思います。

DIY DIY ♪アイデア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
内面をさらしたくないDaizen大全ブログ

タイトルとURLをコピーしました