【五等分の花嫁】10巻トップは三玖 259画数!

スポンサーリンク

Sponsored Link




スポンサーリンク

【五等分の花嫁】10巻トップは三玖(3回目) 259画数です。

▽集計順位 全1081画数

1位 三玖 250画数

2位 一花 245画数

3位 四葉 224画数

4位 二乃 192画数

5位 五月 161画数

となっています。

10巻の集計が終わってからの感想


修学旅行イベントで一花・二乃・三玖の熾烈な状況が落ち着くことになりました。

そのあと、満を持して四葉イベントの始まりを期待させる画で終わっています。

ダークホース本命(一号は二乃)の本戦参入はおそらく、過去イベントから展開されそうなので今後のストーリーにすごく期待できそうです。


もう一つの伏線が本命五月ですが、本戦参入は四葉イベントの次になりそうです。


四葉イベントを布石とするなんて、いったいどんなチートイベントが発動してしまうのかかなり気になっています。

11巻も楽しみです。

5位から1位のベストイラスト画1~3入選

  5位 五月 161画数

10巻の五月は思わせぶりフェイクでした。

一見すると、本戦参入かと考えられる動きをしていますが、全部四葉のためだったということが終盤で分かります。

その全貌は11巻でわかるかと思うので、四葉のイベントに期待できそうです。

ですが、五月としての本戦参入は特にないのかとも考えられるので、五月イベントがまだまだ期待薄です。

なんかエロ要素もってくるかな?(テキトー過ぎますが)


 ▽入選 

「零奈」の正体がハッキリした画です。

真面目で不器用な五月が「零奈」になることでどのようなアプローチができたか?ということについては、結果はいろいろと不発・暴発・方向性が良くないということになっていそうです。

おそらく、今後の五月イベントで風太郎からディスそうなネタになると考えられるので期待できそうです。

入選


 ▽ベスト3

五月からしてもアダルト下着はかなり攻めすぎているようです。

四葉のお子様パンツからランクアップして大人への導入へ、という狙いと考えられます。→アダルト下着への飛躍はかなり無理があったようです。


結果はイレギュラーで三玖へ渡ってしまい、不発となっています。

仮にこのアダルト下着を四葉が着用できたとして、その後はどのようなアプローチがあったのかはよくわかりませんでした。

四葉が下着を変える→アダルト下着によって本心が呼び起こされる→風太郎へ何かしら積極的になる・・・、のかなぁ????


五月の不器用ぶりが垣間見える画となるので選びました。

ベスト3


 ▽ベスト2

10巻の修学旅行イベントでの五月の行動はすべて、四葉のためということが分かっています。

ほとんど不発になっているようですが、少し風太郎へ思い起こさせるキッカケは作れたようです。

五月の最終チートイベントのための布石として、今回の五月の期待薄感を添えられたのでは?と考えられるので選びました。

ベスト2


 ▽ベスト1

サーバント四葉にとっては今回の修学旅行イベントにおいて、五月の行動はこのように「なぜ?」が付きまとうことになっていたことと思われます。

イレギュラーで三玖へアダルト下着を渡すことになっていますが、(三久着用は不明、未着用の可能性も有りww)四葉のお子様パンツを気遣ってのお節介のはずでした。

面白いので選びました。

ベスト1


  4位 二乃 192画数

本戦レースに参入して、急上昇を狙うストライカー二乃です。

告白を果たしてどんどんアタックをしていきます。


 ▽入選 

二乃は本戦参入が遅くても、ぜんぜん怯む様子がないですね。

悪女系は一花で十分かもですが、二乃の悪女っぷりも期待したくなる画です。

入選


 ▽ベスト3

ミク二乃は貴重と見て選びました。

一花は変装を乱用するところもありますが、他の四人が変装するのは貴重ですね。

ベスト3


 ▽ベスト2

二乃も一花と同じだと認めることと、謝罪して自身と一花の罪を一緒に回収できる二乃の裁量が素晴らしいです。

五つ子で育っているはずなのに、この器量はどうして突出したのか不思議です。今後の二乃の秘密が出ることを期待しています 。

こんな自分の非を認めて、相手の罪も許せる行為は、現実の大人でもなかなかないできない裁量の大きさだと思われます。


 ▽ベスト1

こんな励まし方は五つ子でも二乃しか言えないかと思えます。

自信と自我が発達している二乃ならではの言葉です。

めちゃくちゃ三玖にぶっ刺さりそうです。ユニークでインパクトある励まし方なので選びました。

今後も二乃ならではの刺さるセリフが期待できそうです。

ベスト1


  3位 四葉 224画数

10巻の四葉は、今まで通りサポート役のままかと思っていましたが、ようやくイベント発生しそうです。

五等分の花嫁10巻の終盤に、その前振りが少し出ていました。

五月(零奈)が風太郎へ思い出してほしいことは実は四葉のことだったということにもなりそうですね。


 ▽入選 

10巻中・五つ子中で一番の明るい表情だったのでこの画を選びました。

10巻は五つ子それぞれの思惑が出てきた複雑な巻となっていました。

ひと巻で三人(一花・二乃・三玖)がチャンチャンに終わらせられて、凝縮できていることもスゴイと思います。


四葉・五月がまだハッキリしていませんが、11巻での四葉イベントに期待ができそうです。

入選


 ▽ベスト3

四葉のボルテージ高めの画は貴重なのでこの画を選びました。

ハッキリさせるためにしっかりと理路整然と説明を求める姿は勢いがあって、普段の四葉とはかなり離れた印象があります。

意外な一面の四葉が魅力的に感じます。

ベスト3


 ▽ベスト2

ほかの姉妹とは一線を画すサポート力はかなり目を見張るものがありました。

そのサーバントっぷりから、今後の四葉から絶対に過去イベントが発生するだろうと期待しまくっていました。

サーバント四葉の神がかり的な自制がよく出ているかと思ったので、この画を選びました。

ベスト2


 ▽ベスト1

今後の四葉イベント発動ののろし的な画となります。

わざわざ五月が「零奈」になり、風太郎へ気づかせたいことは四葉のためだったということが分かりました。

まだ内容は出ていませんが、今後の四葉の本戦参入への急浮上が、大いに期待できそうなのでこの画を選びました。

ベスト1


  2位 一花 245画数

10巻の一花は期待以上でした。

自爆の仕方も半端じゃなかったコレ。仕掛けて不発ではなく自爆です。

なんか11巻から諦め感で本戦から抜けていたらなんか嫌だなぁ。

吹っ切れてもっといろいろと仕掛けてもいいのに。

結局一花は「自白」だけで「告白」はないから・・・。 はやく一花の「告白」イベントが見たいです。→どんな不発の様子になるか期待が高まります。


 ▽入選 

しっかり企んだのに大失敗過ぎる。

「彼岸島」で殺されそうな画みたいになっとる。

 
 ▽ベスト3

作中で唯一二乃を泣かせることができた一花ですが、二乃の涙に対して一花の涙は1:9(二乃:一花)くらいですね。

涙の量に報いる見返りがもう少しあればいいのになぁって思います。

ホントに反省したのかなぁ?


 ▽ベスト2

さすがの一花は気持ちのイタイところ(自身も含む)を分かってらっしゃる。

二乃へ効果的な一言が刺さります。

ピンチの時に相手に一矢報いる様子の、負けず嫌いが見事で魅力的です。

ベスト2


 ▽ベスト1

一人泥仕合の一花になっていますな。

でもその自爆っぷり、落ちっぷりが素晴らしく魅力的で見事でした。

期待以上です。

このまま熱が冷やされたままの一花は面白くないので、吹っ切れて少し暴走気味ない一花も期待したいです。

ベスト1


  1位 三玖 250画数

10巻は三玖の巻と言えますね。

圧倒的ヒロインの立場に君臨してしまいました。

周りからいろんな支援や排除攻撃など、10巻でも翻弄されまくっています。

ようやく風太郎への「告白」もできましたが、ダークホース2号の存在も徐々に出てきますからまだまだ大いに期待できそうです。


 ▽入選 

ストレートに「好き」と言った画も悪くないのですが、上位1,2,3の画がいろんな想像を掻き立てたので三玖の「告白」画はここに来ました。

扮装三玖や、セクシー下着と三玖や、顔を合わせずらい時の「ボッ」が良かったので選びました。

入選


 ▽ベスト3

「好き」の方向をずらして、誤魔化すことでほかの姉妹との関係を修復・回収することができたことができています。

今後もより違った三玖のアタックに期待ができそうです。

まだまだ三玖に磨きがかかりそうな予感をさせる画となるので選びました。

ベスト3


 ▽ベスト2

五月チョイスのセクシー下着を着用後?もしくは恥ずかしくて着用なしもあり得る画となっています。

想像が膨らみます。

温泉イベントのエロ要素よりも、エロ要素が強めと見たので選びました。

三玖と言えば「脱いでいないのにエロい」という新カテゴリーのパイオニアかもしれません。

ベスト2


 ▽ベスト1画像コメント

「告白」の画も決して悪くはありませんが、三玖の「好き」以上に胸を躍らせるセリフです。

この言葉の方が「好き」より勇気必要なんじゃないか?と思えるくらいの前振りに出た「私のことも全部知ってほしい」の画です。

いやぁ、カワイイですね。まだまだいろいろとカワイイ三玖の画が期待できそうです。

ベスト1

タイトルとURLをコピーしました