最強のお経「般若心経」ひらがな

スポンサーリンク

Sponsored Link




スポンサーリンク

ぼちぼち覚えてみたい般若心経です。(写経用)

落ち着きのある音楽を聴きながら書くとより神妙な感じで書けます。

ヨガの音楽 – Relaxing Music – 瞑想音楽 – ヨガ – 集中力の向上 – 機能音楽 – ドリームケア – モヘンジョダロ – 本読んリスニングリラックスピアノ

仏説摩訶般若波羅蜜多心経
ぶっせつまかはんにゃはらみったしんぎょう

観自在菩薩行深般若波羅蜜多時
かんじざいぼさつぎょうじんはんにゃはらみったじ

照見五蘊皆空
しょうけんごうんかいくう

度一切苦厄
どいっさいくやく

舎利子
しゃりし

色不異空
しきふいくう

空不異色
くうふいしき

色即是空
しきそくぜくう

空即是色
くうそくぜしき

受・想・行・識亦復如是
じゅそうぎょうしきやくぶにょぜ

舎利子
しゃりし

是諸法空相
ぜしょほうくうそう

不生不滅
ふしょうふめつ

不垢不浄
ふくふじょう

不増不減
ふぞうふげん

是故空中
ぜこくうちゅう

無色
むしき

無受・想・行・識
むじゅそうぎょうしき

無眼・耳・鼻・舌・身・意
むげんにびぜっしんに

無色・声・香・味・触・法
むしきしょうこうみそくほう

無眼界
むげんかい

乃至
ないし

無意識界
むいしきかい

無無明
むむみょう

亦無無明尽
やくむむみょうじん

乃至
ないし

無老死
むろうし

亦無老死尽
やくむろうしじん

無苦・集・滅・道
むくしゅうめつどう

無智亦無得
むちやくむとく

以無所得故
いむしょとっこ

菩提薩埵
ぼだいさった

依般若波羅蜜多故
えはんにゃはらみったこ

心無罣礙
しんむけげ

無罣礙故
むけげこ

無有恐怖
むうくふ

遠離一切顛倒夢想
おんりいっさいてんどうむそう

究竟涅槃
くきょうねはん

三世諸仏
さんぜしょうぶつ

依般若波羅蜜多故
えはんにゃはらみったこ

得阿耨多羅三藐三菩提
とくあのくたらさんみゃくさんぼだい

故知
こち

般若波羅蜜多
はんにゃはらみった

是大神呪
ぜだいじんしゅ

是大明呪
ぜだいみょうしゅ

是無上呪
ぜむじょうしゅ

是無等等呪
ぜむとうどうしゅ

能除一切苦
のうじょいっさいく

真実不虚
しんじつふこ

故説
こせつ

般若波羅蜜多呪
はんにゃはらみったしゅ

即説呪曰
そくせつしゅわつ

羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶
ぎゃていぎゃてい
はらぎゃてい
はらそうぎゃてい
ぼじそわか

般若心経
はんにゃしんぎょう

▼般若心経の入り口として非常に解りやすい本です。

紀元前5百年前に中国の玄奘三蔵(あの三蔵法師のこと)げんじょうさんぞうさんが、インド(天竺)のありがたいお経を中国へ持ち帰るために一人で過酷な旅に出ます。

これをドラマチックな物語にしたのが中国・日本でも大人気の「西遊記」です。

その物語には三蔵法師の旅を邪魔する妖怪や魔物と、三蔵法師を護るためのお供の「孫悟空・沙悟浄・猪八戒」が出てきますが、実際はひとりで行っています。

当時の王政の監視の目をくぐり抜けて約30000キロメートルという、ガチヤバな距離を徒歩で行っちゃいます。(地球の円周が40000キロです。)

過酷な旅(そりゃあなぁ)を終えて素晴らしいお経を中国へ持ち帰った玄奘三蔵はインドの古代サンスクリット語の経典を中国の言葉へ翻訳しました。

中国に広く仏教が広がったのはこのときの玄奘三蔵の翻訳が素晴らしい出来だったからだそうです。

ですから玄奘三蔵は「訳聖」として歴史に名前が残っているのです。

そして「般若心経」とは膨大なありがたい経典の内容をわずか262文字にめちゃ圧縮集約されたものなんです。

この「般若心経」は英語圏でも大人気で「Heart Sutra」ハートスートラ(心のお経・心臓のお経)として今でも大人気です。

スティーブジョブズや、ジョン・レノンなど、世界に多大な影響を与えてきた人たちもこの「般若心経・ハートスートラ」を気に入って取り入れていたようです。

  あざーっす!

僕が「般若心経」を知ったのは2018年で、それまでほとんど接点がありませんでした。

両親とアホ姉がプロテスタントのクリスチャンになっていて、たまたま周りにクリスチャンがいたのでキリスト教の聖書のほうが知識としては多かったです。(他にも聖☆おにいさんとか)

「聖書」の内容は人がどのように、どうした、などと心情や行動が物語のようにわかりやすくて良かったです。

「般若心経」はどちらかと言うと具体度は低めで、「抽象度」が高めの内容なので読む人の想像の幅に合わせた柔軟な基礎の教えとなっていて、僕にとってはすごく相性が良かったです。

また日本には仏教だけでなく「神道」や「自然崇拝」「祖先崇拝」など多様な思想があるので「般若心経」は抽象度高めで柔軟なところが日本人にはウケているかとおもいます。

「聖書」のペテロやヨハネも具体的で見習うにはとても良いんですが、土台となる基礎部分は幅広く柔軟な「般若心経」にしようと考えています。

まだ「般若心経」1年目ですが、すごくハマっています。

少しずつ写経しながらインストールしてみようと考えています。

あとは音楽なんかでも耳馴染みしながらやってます。

【ニコカラ】般若心経ロック(唄あり)【初音ミク】

アイデア読み返したくなる本
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
内面をさらしたくないDaizen大全ブログ

タイトルとURLをコピーしました